setofuumiのblog

格ゲーを見ます

格ゲー大会におけるプレイヤーと観客との距離についての話

5月に行われた北米大会・ComboBreaker2017にてこんな一幕があった。

f:id:setofuumi:20170602172425j:plain

ChrisG vs Sako、Top8の白熱した試合の最中(1R終了後の一瞬の間)に、興奮した観客が声をかけにいってしまったもの。この時のsakoさんは日本勢唯一の生き残りということもあり生で見ていた人も多いだろう。
この結果としてChrisGは混乱して操作を放棄。sako1R取得からの再試合ということになってしまった(再開後はその流れのままsakoさんが勝利となった)。

このケースは完全に観客がやってはいけないことをやったものであるが、「大会における観客との距離」というのは時折議論されるテーマではある。

 

・アクシデントとしての「乱入」

f:id:setofuumi:20170602173842j:plain

これはChrisGがEVO2016UMvC3優勝後に観客が壇上に乱入してしまったシーン。「次は俺と勝負だ」と言ったとか言わないとか。当時も散々ネタにされ、2017の時に「またChrisGが乱入されたのか…」と同情されることに。

 

 同じようなケースでは、esportsとして成熟しているlolの今年の世界大会でも「優勝後に観客がステージに乱入、選手たちとハグする」という事件が起こったとのこと。3.6mを飛び降りるのは相当な根性である。

 

https://pbs.twimg.com/media/DBBxpUDWsAEpkwJ.jpg

先日開催され今年も大好評だった欧州の「RedbullKumite」はプレイヤーがケージの中で戦う趣向。これに乱入するのは相当難しいだろう。

 

・格ゲー大会名シーンにおける「観客」の存在

一方で、格ゲーの大会では、勝利を観客(あるいは仲間)とともに喜びあうのが「名シーン」とされる側面もある。

www.youtube.com

昨年屈指の名シーンである、EVO2016でLIJoeがTop8進出を決めたシーン。NY勢?の仲間にもみくちゃにされる。

www.youtube.com

こちらはEVO2015の名シーン。フリーザは日本プレイヤーのたいつさん。

www.youtube.com

Kaneはこの年優勝。壇上でも同様にもみくちゃにされた。

ほか日本の闘劇でもこういうシーンは数多くあったがキリがないので省略。

 

・観客との距離

先日行われた北米の高額賞金大会「E-league」でこんな議論があった模様。

 この時おこなわれていた一次予選の段階では観客はおらず、「スタジオでの撮影」といった感じだったのでそこが格ゲー大会としてはどうなんだ?という意見があった模様。なお2次予選、決勝では観客を入れての開催となった。

https://pbs.twimg.com/media/C_Hfx7aV0AAFHFq.jpg

https://twitter.com/FGCKappa/status/860715054898962432

WolfKroneの母親がプリントしたシャツをして観戦していた一幕。

 

また、EVO2016からは最終日決勝が「マンダレイ・ベイ」で行われている

マンダレイ・ベイ・イベント・センター - Wikipedia

 マンダレイ・ベイ・イベント・センター(Mandalay Bay Events Center)はラスベガスのマンダレイ・ベイ内に位置する屋内アリーナ。所有はMGMリゾーツ・インターナショナルが行っている。収容人数は12000人。
同センターはMGMグランド・ガーデン・アリーナ同様、プロレスや、ボクシングの世界タイトルマッチを開催するなど、格闘技界の殿堂とも呼ばれている。また、2007年のNBAセレブリティオールスター、ラテン・グラミー賞の開催やボン・ジョヴィジャネット・ジャクソンビヨンセデスティニーズ・チャイルドブラック・アイド・ピーズブリトニー・スピアーズスパイス・ガールズテイラー・スウィフトらがライブを行った。
映画のロッキー・ザ・ファイナルの撮影が同センターで行われた。

 この巨大会場で開催されることを喜ぶ一方、(前述の名シーンがなくなるという意味で)観客との距離が離れてしまうことを危惧する声もあったようだ。これはr/kappaのトップに掲げられている「"eSports is not a part of the FGC"」というのが色濃く出ている意見に思える。(ただしこれは私自身がr/kappaで見かけた一意見というだけで、しかもurlを忘れてしまったのでソースはない)
とはいえ、壇上プレイヤーに近しい人はすぐそばで観戦しており、スマブラMeleeでは優勝したHungryBoxがコーチと抱き合う名シーンも生まれた

www.youtube.com

 

・まとめ

年々規模の大きくなるEVO、RedbullKumiteやEleagueのような単独イベントにおいては「プレイヤーと観客との距離」が大きくなるのはもはや不可避だろう。とはいえ、EVO以外のFGCによる大会はオープンな空間で開催しているし、今後もそれが続いていくのではないかと思う。
いずれにせよ意図しないアクシデントとしての「乱入」は防がなければならないだろうが、今後もFGCによる「名シーン」が生まれていくことを願いたい。