setofuumiのblog

格ゲーを見ます

Killer Instinctのこれまでの北米大会・プレイヤー情報

・まえがき
・時系列
・プレイヤー

 

EvoOnlineに採用(オープントーナメントだが参加規模・範囲がどうなるかはまだ不明)されたので。
北米大会結果の話だけなので他の事、ゲーム内容に関してはガチ勢の人の紹介を見よう。2016年Evo直前のこの記事がまとまっている

【EVO2016】観戦ガイド04.コンボ中にかけひき!?スゴ技飛び交う『Killer Instinct』 | ゴジライン

なお正直2017年前後しか意識的に見ていなかったので復習の意味も含めて調べながら書いた。
また情報はSRK_ranking(3月で更新終了)、Eventhubs、格ゲーチェッカー、該当smashggのどれかによるので詳細に知りたい場合は検索してほしい。あと大会名+killer instinctと入れればだいたいYoutubeもでてくる。

 

2014
Evo2014
https://www.eventhubs.com/news/2014/jul/11/evo-2014-live-stream-ft-daigo-xian-infiltration-tokido-justin-wong-pr-balrog-ryan-hart-chrisg-fuudo-filipino-champ-flocker-mango-and-more/
優勝:CDjr/CDmani(Sadira)
準優勝:RicoSuave(Jagoなど複数)
でたばっかのころ。Jwong,PRbalrog,FilipinoChampといったSFプロ(要するにゲームのうまい人)が上位に。

2015
Evo2015
https://www.eventhubs.com/news/2015/jul/17/evo-2015-live-stream-ft-daigo-momochi-luffy-mago-xian-kazunoko-justin-wong-chrisg-mango-leffen-zero-sonicfox-ogawa-jdcr-cd-jr-and-more/
優勝:RicoSuave(Fulgoreなど)
5th:ドミー
日本のドミーさんがCinder(燃えてるキャラ)で大活躍した回。Ricoが前年雪辱の優勝。


2016
KI WorldCup 2016
https://kakuge-checker.com/memo/view/killer-instinct-world-cup/
説明:2016年年頭に開催された32名による決勝大会。「シーズン3」の発表も行われたとのこと。
めちゃくちゃ公式大会っぽいが「UltraArcade」(テキサスのゲーセン・コミュニティ)のオーナーであるところのBrandon Alexanderさんが開催したもの。
優勝:RicoSuave(shadowjago,Omen,Glaciusなど)
Ricoが複数キャラを使いこなし前年Evoに続く優勝。

 

Evo2016
https://www.eventhubs.com/news/2016/jul/15/evo-2016-live-stream-ft-infiltration-tokido-armada-momochi-sonicfox-mango-ogawa-zero-kaneblueriver-xiao-hai-nobi-jdcr-rico-suave-and-more/
優勝:Sleep/HollywoodSleep (Arbiter, Gargos)
top32:OGTY
前年evo3位、KIWC4位だったSleep/HollywoodSleepがGARGOS(シーズン3から登場のボスキャラ)も使いこなし優勝、ビッグタイトル獲得となった。日本勢はOGTYさんがTop32へ
OGTYさんに関してはこのEvoへ向けて、という形でRedbull記事にもなっている

2016.5.18 | 成長を続ける日本の『Killer Instinct』シーン | Games


2017
KI WorldCup 2017

アメリカ KI大会『Killer Instinct World Cup 2017』結果

3月に行われた2回目の「WorldCup」。この回は会場もでかくなり日本予選からの招待枠もありまさしくWorldCupだった。
優勝:Sleep/HollywoodSleep(Aria/Kilgore)
またもや前年Evo覇者が連覇ということになった。メインキャラクターはこの時からARIA(32名中唯一)で、以降Sleepのメインとなっている。
また5位には筋萎縮の持病をもつWheelsが入賞。

当日予選
https://challonge.com/users/ultraarcade/tournaments
KIといえば覚えている人が多いであろうこの回の「当日予選」、すごいのがその形式で「160名超のシングルエリミトーナメントを4回繰り返す(1名だけ勝ち抜け)」という前代未聞の形式で行われた。
格ゲーチェッカー記事でも紹介されているが日本のドミーさんが4回すべて上位進出するも4回敗退ということで海外MVPということになった。
なおこの後DBFZ_final2018-2019で全く同じ形式で当日予選が開催され世界がもう一度びっくりすることになる(この際一部の人から"KI方式"と呼ばれていたのはこのため)。

ドラゴンボールファイターズワールドツアー2018-2019決勝大会「Red Bull Final Summoning」結果

ちなみにドミーさんはトータルで「22勝4敗」、ふぇんりっちさんは「22勝3敗」となり「1日の同一ゲーム最多勝」タイ記録、試合数ならドミーさんの26試合が最多ということになる。たぶん。


その後

Evo2017でのKIは「投票枠」の候補となったが落選となった(投票選出はUMvC3)。そしてこれ以降はグローバルな超大型大会というべきものは開催されていない。
とはいえ、TheHadou(北米大型大会に成長したComboBreaker主催、この大会名はKIからとったほどの愛好者)が主催のComboBreaker,また彼が関わる大会では採用され、大規模大会となっている。

CB2017(169名)
優勝:Valoraxe(Cinder)

CB2018(141名)
優勝:Amenty(Eagle, Shin Hisako, Maya, Gargos)

CEO2018(83名、2日目最終種目・top8はリング上で行われ、司会進行をHadou氏がつとめた)
優勝:Thompxson(Jago)

Evo2018(サイド開催・56名)
優勝:Nicky(Fulgore,Mira)

CB2019(101名)
1. Nicky (Fulgore)
2. SD117|SonicDolphin117 (Arbiter, Kim Wu)
3. @WheelsFGC (Gargos,Orchid)
4. TG|ZTRAINOVER9000 (Maya, Sabrewulf)
https://www.youtube.com/watch?v=dT1DNF-FAFU

昨年オンラインで行われた178名参加大会
https://smash.gg/tournament/bringbackki-tournament-by-console-gaming-league/events

1.Wheels
2.GeremYKatoxX
3.Thompxson
4.Element


プレイヤー

RicoSuave(直近はAganos,Gargos、ほかたくさん)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Rico%20Suave#KI
初期に無類の強さだったプレイヤー。スト4アベル強豪としても知られていた。2017年以降の記録はないが…?
まためちゃくちゃ「つよそう」な見た目

https://msgpwebsites.azureedge.net/killerinstinctv2/wp-content/uploads/2016/02/ricosuavekicupwin-188x300.jpg


と、この事件(の元凶)で有名

www.youtube.com


Wheels(Orchid,Gargos,Tusk,Sabrewulf)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Wheels#KI
筋萎縮の持病がありカートで移動し独自のデバイスで操作するプレイヤー(ストリートファイターだとBrolylegsと同じ)。WorldCup上位、直近のCB2019でも3位の強豪。

How Killer Instinct player Wheels is overcoming disability to be a pro

↓の動画だとどうプレイしているのかわかりやすい

www.youtube.com


Nicky(Fulgore,Mira)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Nicky%20%5BUS%5D#KI
初期からFulgoreで活躍、fulgore,miraの2キャラで直近大型2回優勝。SRKスコアトップになっている


Sleep(ARIA)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Sleep#KI
元から上位だったがピーキーなキャラとされているっぽいARIAを使いこなし2017-2018シーズンを制した人。SRKスコアも激高。


Bass(Spinalなど)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Bass#KI
初期から常に上位の強豪で大会参加数も多く高スコア。Spinalを軸に複数キャラを使う感じ。2017年のWorldCup日本予選に遠征参加してくれた(結果は見事優勝)


Thompxson(Jago)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Thompxson#KI
CEO2018覇者でそれにより直近スコア2位、生涯スコアもかなり高い。記録からみるにJago一筋。2016年に勝ちまくった


Valoraxe(Cinder)
http://rank.shoryuken.com/rankings/player/byname/Valoraxe#KI
欧州勢UKのCinder使い。北米大型優勝もあり、直近のCBでもTop8になっている。EvoOnlineのレギュレーションがどうなるか気になる。