読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

setofuumiのblog

格ゲーを見ます

CPTプレイバックpart5:Online Event: Asia-Oceania One

オンライン:アジアオセアニア1は8月1週の大会。

アジアオセアニアの南側(での登録?)のみ参加可能。シンガポール、タイ、マレーシア、オーストラリアといったところ。

『スト5』カプコンプロツアー“オンラインランキングイベント”の詳細が発表。日本は10月22日(土)

Online Ranking Event: Asia-Oceania One and Latin America One Results | Capcom Pro Tour

録画はCFチャンネルsubscribeのみっぽい。Challongeが更新されてないので結果

.1st:Xian

2nd:MindRPG

3rd:VanillaLoliPop

4th:Seed^SKZ

5th:KOFMaster

5th:YogaWater

結果としてはXianの優勝。これでXianはロシア大会(欧州枠)に続く+128でGPランキング上位へ。その後もGPを伸ばし続けることになる。

2位以下は有名どころではないが、その後のアジアランキングでも名前が出るプレイヤーが入っていた。

 

・2位MindRPG

シーズン序盤のタイ大会でも活躍していたベガ使い。Xinaとの決勝ではなんとネカリにキャラ変え、これが成功してリセットすることに成功したが、一歩及ばなかった。のちの大会ではユリアンもピックしている。この時の+64Pは、最後までアジアランキングで存在感を放つことになる。

・3位VanillaLoliPop

シンガポール勢のバルログ使い。4時代はGambleBoxer。この後もアジアランキングで活躍。ボクサーも触ってはいるようだ。

・4位Seed^SKZ

シンガポールの(たぶん)若いキャミイ使い。SEAMではハイタニを破る活躍、最終戦のマレーシアでは7位にランクインしている。期待の若手だろう。

・5位KOFMaster

マレーシアのファン使い。この後インドネシアの大会でボンちゃんを破って3位に食い込むことになる。

5位YogaWater

タイ大会でも目立っていたダルシム使い。その後のCPTでの活躍は薄かったが、MindRPGと並ぶタイ勢の強豪として知られることになった。

9位にシンガポールのレスリー(4時代サガット使い、現在はリュウ)、13位にオーストラリアのSomniac(4時代からのベガ使い)がランクイン。

ちなみに該当地域に入っていたベトナムからMarnが出場していたが色々あって早々に敗退していた。(Marn個人がその模様を配信していた)。またこの大会では目立たなかったが、フィリピンも該当地域だった。

4時代に活躍したChuanを筆頭とするチームFV(マレーシア)の面々も後半のアジアランキングで活躍することになる。

 

該当地域ではシンガポールのxian、ベトナムのMarnくらいしか世界的な知名度はなかったといえるが、こうしてみると、ある者は熱帯をやりこみ、ある者は地元コミュニティで切磋琢磨し、アジアランキングを盛り上げることになった。東南アジア地域はXianだけではない、ということを示した結果だったように思う。