setofuumiのblog

格ゲーを見ます

格ゲーにおけるHitBoxなどのコントローラーを巡る話

ここらへんは2014年に一段落した(と自分は思っている)のだが、最近HitBoxの話題が増えたのもあり改訂版という事で書いていく。


もくじ
・現状では2014年の裁定における「ゲーム側で設定できない複数入力の禁止」が一応の回答(裏返すとゲーム側で設定できればOK)になっており、それ以来この点においては特に問題になっていない
・それとは別にKoreanWrestlingMan問題はあった
・コントローラーが色々あるのが大会のいいところ
スマブラからみる改造や禁止の問題


「2014年のこと」
前回のはこれ(もう5年前か…)(タイトルが変)

いわゆるアケコンおよびその改造の話について - setofuumiの日記


ここでの結論はこう
・いわゆるマクロ(および連打)の禁止はルールに既にあるし誰も使っていない(問題・話題にすらなっていない)
・いわゆる「FullSchedule問題」ゲーム中にない同時入力はダメ、ということになった
・パッド、HitBoxはみんな使っているし強い人もいる←2014年時点で。あとアルカプだとこの後ClockworkやCloud805などがHitBoxに切り替え、上位の実力を維持していた。

過去記事でリンクしてあるが「FullSchedule問題」に関してはiPastistさんのこの記事が完璧にまとまっているのでみんな読もう(最後の段落の話は陰謀論じみた冗談なので読み流してよい)

2014-05-09 - iPASTIST の格ゲー観戦記 - Japanese Monsters


この2014年の話において「ゲーム中にない同時入力はダメ」ということがEvoなど大型大会運営を含めた北米全体になんとなく認識され、今日までよろしくやってきている…というのが現状といえる。またパッドやHitBoxは問題なく使用でき(そもそもパッドには十字入力が2セットついており同時に操作できる)、かつトップレベルになれるという認識も2014年で既にあった。
USF4でLuffyが「Sony的にはおそらくダメな使用法の」PS1コンでEvo優勝したのもこの年。

ちなみに正確なルールはEvo本家ページにあり、他の北米大型大会もほぼ一緒。
http://evo.shoryuken.com/additional-rules/
「ゲーム中にある設定以外はダメ」ということになっており、この点に関することは(自分の観測範囲では)この5年間問題になったことはない。

なおときどさんの↑キーは北米ルール的にはOKになるのだが、ときどさんの格ゲー界におけるポジションや当時の日本ではアーケード版(設定なし6ボタンのみ)とガッツリ並行開催されていたという背景があったのでまあ色々ありましたねといった感じ。

 

「KoreanWrestlingMan問題」

「問題になっていない」と書いたがそれはあくまでEvoルールにおいての話で、最近のコントローラーを巡る話題だと「KoreanWrestlingMan問題」があった。
端的に説明すると日本TGSのDBFZ公式大会においてわざわざ韓国からやってきた彼の使うものが「正規品でないので使用不可」とされ、当日出場辞退という形になってしまった問題。
ルール記述のあるページ
http://j.bn-ent.net/fighterz_tournaments/
なおその後のイベントでは(恐らくこの問題への回答として)この点は削除され、コリレスさんも出場できた。

 

背景と説明
韓国にKoreanWrestlingManという強い人がおり、彼はアケコン風だが入力がPCキーボード状になっているコントローラーを使用していた。韓国ではPCでゲームをするのがメジャーなのもありこの手のコントローラーは多いっぽい。*1
なおいま現在レバー部分のみPCキーボード状のものは「MixBox」なる製品名のものが広く販売されているようだが、コリレスさんだけでなく韓国勢が使用しているのは韓国国内で製作・販売された別のものだと思われる。なんか自分の環境だと今はサイトが見れないが「istmall」という韓国の販売ページがあった。こちらはPCキーボードと同じ配置(十字が右)でボタン部分もPCキーが埋め込まれているもの。

これらはIORI666さん情報(アケコンのブログも書いておられる。twitter参照)

 

IORIさんに見れるリンク先教えてもらったので追記、画像のものの詳細が見れる
https://www.istmall.co.kr/goods/goods_view.php?goodsNo=1009992328
サイトのアーカイブからひっぱってきた画像

https://web.archive.org/web/20180907151237im_/http://istmall.co.kr/data/goods/14/05/16/1009992328/1009992328_main_056.jpg

「色々なコントローラー」

キーボードはキーボードでも楽器つまりピアノ型のコントローラーでDBFZで活躍した人
https://www.eventhubs.com/news/2018/feb/04/canadian-dragon-ball-fighterz-player-cracks-top-eight-local-tournament-using-rock-band-keyboard-controller/

www.youtube.com

ハンドル型コントローラーでGGXrdをプレイしどぐらさんを倒してしまった人
https://www.eventhubs.com/news/2018/oct/27/canadian-contender-uses-steering-wheel-defeat-fighting-game-veteran-major-guilty-gear-tournament/

 

https://www.youtube.com/watch?v=n_irhlVNkKM&feature=youtu.be&t=142

最近だとこんなところ。
この手の変わり種コンは定期的に話題になりみんな面白がるしそれでいて活躍したりもするので、格ゲー大会のおおらかさ、そして人間やればできるみたいなところが感じられて大会の良いところだなと思っている。安易な禁止や排除論はこういった要素もなくしてしまうので個人的に肯定できない。

また多少ズレるがSFVで北米公式リーグにも選出されたBrolylegs、KillerInstinctで世界上位のWheelsのような障碍のため独自の操作をするプレイヤーもおり、彼らは見た感じほぼ純正コントローラーに近いものを使用している*2が、障碍があっても操作できるアレンジされたコントローラーがポジティブな話題として取り上げられることも多い。
Brolylegs
http://fgamers.saikyou.biz/?Brolylegs
Wheels
https://www.youtube.com/watch?v=E6ZKN3uFU_o

 

スマブラからみる改造や禁止の問題
スマブラはコントローラーに関する議論がいくつかある
結論からいうと、「方向ガイド(ノッチ)の改造はOK」「SmashBoxはNG」
Genesisのページ、Melee(DX)の項目で見ることができる。なお運営による合議制で決まっているようで、このどちらの問題にも1票だけ逆側の投票がされている。解釈や時代の流れで変わることもあるのだろう。
https://www.genesisgaming.gg/rules/


少し古い記事だが「レバー部分の方向ガイド(文中だとノッチ)改造」に関するもの(米Redbullからの和訳記事)
https://www.redbull.com/jp-ja/controller-mods-what-they-are-and-who-uses-them-2017-15-04
SmashBoxはHitBox本家が作ったスマブラ版HitBox。前述のように大会では禁止されてしまったが、GCコンで手首を痛めてしまった人でも使える、という利点もある。
https://www.hitboxarcade.com/blogs/smash-box
スマブラは手首を怪我するという話
https://www.redbull.com/jp-ja/going-to-the-doctor-the-risks-of-high-level-melee-2017-15-04


おわりに

格ゲー大会でのコントローラーに関するあれこれを挙げてみた。こういった背景があり大会は運営されているということになる。
「FullSchedule問題」およびSmashBoxに関しては実際に線引きが行われており、今後も何らかの禁止が行われる可能性はあるが、色々なコントローラーがあるのもゲーム大会のいいところでもあり、コントローラーごとに場面場面の有利性はあるとはいえ(レバーにだって有利な場面はある)、現状何かが支配的になるほどのことは起こっていないと感じる。なんにせよ運営・プレイヤー・メーカーのそれぞれの意見がある中でうまい具合になっているのが現状だし今後もそうだと思われるので、うまくやっていって欲しいものである。

*1:もっと言えば日本においてもPCゲーを由来とする対戦ゲームにおいてはキーボード派が一定数いるだろう。メルブラとか東方とか

*2:独自のアレンジが施されているかはわからなかった。どうなんだろう

2019/05/12週の話+今週大会の話 アーカイブ+メモ

Twitch
https://www.twitch.tv/videos/424325279

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=KN6IRkiWYYA

「SaigonCup」
https://kakuge-checker.com/topic/view/06466/
https://smash.gg/tournament/saigon-cup-2019/events

sfvはときど優勝、2位ジョン竹内
ユージ春はいきなりTop8達成
チーム戦は香港チーム優勝
KOF(NGWT)はシャオハイ2冠

「RoxnRoll」
国鉄拳master大会
https://kakuge-checker.com/topic/view/06467/
https://smash.gg/tournament/roxnroll/events/roxnroll-tekken-tournament/overview

・優勝はちくりん。2位はLowHigh
・2017ノロマ以来の快挙
・W4に韓国勢ゼロ
・L4には全部韓国勢
・多くの強豪がTop32いけず
・日韓以外の国のプレイヤーも活躍


北米大学対抗戦
http://espnevents.com/collegiate-esports-championship/
優勝はNJIT(ニュージャージー工科)でHoishiブランカがかなり勝った。HoishiはEvo2018で97th、コリレスやNorCal上位を倒している。
https://www.twitch.tv/videos/423916039?t=07h18m52s


「Summit of Time」
MK11版サミット。
https://smash.gg/tournament/summit-of-time/nomination
結果イベハブ
https://www.eventhubs.com/news/2019/may/10/summit-time-results/
・SonicFox優勝、2位はDragon
・DragonはInj2でソニフォと並ぶ活躍をしていた人(当時10代、今21?)
・HoneyBeeがなんか揉めたらしい(https://www.twitlonger.com/show/n_1sqst7j


「TexasShowdown」
CPTランキング、アークWT
https://kakuge-checker.com/topic/view/06465/
イベハブ
https://www.eventhubs.com/news/2019/may/10/texas-showdown-2019-results/

・SFV
JBが大型大会初優勝。めでたい。
W4は北米リーグのリーダーでない出場者が独占
ProXはRicki,Kbradに敗退
ElChakotayはようやく結果として出た
DualKevinは去年のLCQから勝ちまくりですごい

・鉄拳
なんでもない(96+Dojo)大会だったがAnakinが遠征して優勝

・UNI
よくわからん(優勝はIthatguy)

・3rd
ユウキスペンサーが全勝優勝
Circuitの招待6人が決定した模様。決勝退化は7月のDtN
https://smash.gg/league/the-jazzy-circuit/details

・DBFZ
優勝はChrisG(小飯天津飯ヤムチャ)、HGGは3位(チームはイベハブにある)
・アークWT
BB:Elyon
GG:てれさ→KidViper
TAG:Shinku

Shinkuは色々うまくて地元勢なのですごかった(剛田さん解説も褒めてた)
https://twitter.com/Getyamogera_T/status/1127647380868882432



今週のあれこれ

・BAM(sfv,鉄拳認定)

https://kakuge-checker.com/topic/view/06477/
https://smash.gg/tournament/bam11-battle-arena-melbourne-11/details

・Stunfest
3rd(トミナガボス元気),スマブラ,ぷよぷよが日本勢遠征。予定時間はsmashggのhomeに書いてある

https://kakuge-checker.com/topic/view/06478/
https://smash.gg/tournament/stunfest-2019-tournaments

・CPT中南米・西(メキシコ、パナマ、コロンビアあたり?)
https://smash.gg/tournament/capcom-pro-tour-online-2019-latam-west/

・鉄拳インドDojo(96+、Tejan,loveneet参加、sfvも40くらいいる)
https://smash.gg/tournament/proving-grounds-round-2/details

2019/05/05週の話+今週大会の話 アーカイブ+メモ

https://www.twitch.tv/videos/422509737

https://www.youtube.com/watch?v=D1N3FnNFxN8

 

5月5日週

5/03~05
Headstomper
https://kakuge-checker.com/topic/view/06459/
ネモさん優勝
鉄拳はUK勢が1,2位
BBTAG優勝はバーレーンのBlackAce(春の欧州認定大会では5位)
SKD,マーリンパイの北米組が切符獲得

5/02~05 KSB(kvo)
KSB2019
https://kakuge-checker.com/topic/view/06458/
めちゃめちゃ面白かった(感想)
今度は沖縄らしい?

5/01,02 ウメブラ(1000人,PGR:S)
https://kakuge-checker.com/topic/view/06436/
日本勢防衛成功。MkLeoは33位

5/05~07 鉄拳Ash関連
https://kakuge-checker.com/topic/view/06469/
10先勝利はKneeのみ。すごい結果に。

5/03 フランスHFS(3rd,X日本勢招待)
https://kakuge-checker.com/topic/view/06274/
3rdは日本勢上位独占。SHOが連覇

5/04 静岡sfv戦頂
https://kakuge-checker.com/topic/view/06462/


今週の大会

「SaigonCup」
https://kakuge-checker.com/topic/view/06466/
https://smash.gg/tournament/saigon-cup-2019/events

参加74で40人くらい有名人
SNKのNGWT。中国勢きてるのでやばそう

「TexasShowdown」
CPTランキング、アークWT

遠征はProX,アベゲン、てれさ、Mono

sfvは北米リーグ者がけっこう遠征できている+テキサス周辺勢の強豪

アーク3種はかなり遠征者がいて激しそう
3rdは北米内Circuitの予選。ユウキスペンサーもいた

DBFZはHGGなどサミット組4人来てる


・「RoxnRoll」
国鉄拳大会
https://smash.gg/tournament/roxnroll/events/roxnroll-tekken-tournament/overview
Master大会。現段階で180名。やばい。


・北米大学対抗戦
http://espnevents.com/collegiate-esports-championship/

・「Summit of Time」
MK11版サミット。
https://smash.gg/tournament/summit-of-time/nomination

sajam配信
https://www.youtube.com/watch?v=62mWiJAPfOo
公式リーグに多数参加する中西部勢が西海岸(カリフォルニア)に物申した話題

トーナメントのシードついて

シードについて

*おもにsfv・北米大会の知識をもとにして書く
*特に結論はない。こういう風にできているよ、という内容
*基本的な理屈・実際の運用・今年起った問題の3つ

 

「基本的な理屈」

こういう感じのやつ

f:id:setofuumi:20190509165124j:plain

sample


日常的に言われる「シード」だと「1回戦bye(不戦勝)」の意味合いが強いが、要するにトナメ表においてどう配置されるかが決まる順番のこと。
*人数上の端数から結果的にそういう格好になったり、運営判断で上位シード者を意図的に1回戦byeにすることは当然ある
ちゃんと専門用語化しているものとしてはテニスの「ドロー」というのがある(検索すると色々説明しているページもある)

完成形だけ見ると「合計17になるように並ぶ」としか言えないが、理屈としては「1と2を置く」→「3と4では3を優先し4をキツい方に置くので14-23とする」→「4-8は同じ理屈で8の人は1と当たり、7の人は2と当たる」→「9ー16では…」といった感じ。

*なおあまり見たことは無いが、運用によってはここでいう「3と4」「4-8」「9-16」という部分の枠内でランダムにしてバラけさせる、という手法もあるようだ。
またランダムではなく「1-8」を並べた後の「9-16」を折り返さずに「1対9,2対10,3対11...」と並べていく手法もなくはない。ただこれをやると「上側がキツく下側は楽」というのが露骨になってしまうのであまり採用されない。


全てランダムなのが大会として真!という主張の人もいるかもしれないが、この形式がスタンダードでバランスのよいものとされており、ChallongeやSmashGGといったトーナメントページ作成でも基本このようになる。
「優勝候補2名が1回戦で当たらず、なるべく遠くで当たる(3番目以降も同様)」というのが参加者の満足、視聴者の楽しさの点で良いことである…という前提でこうなっているといったところだろうか。

 

「実際の運用」

128人トーナメントの場合、前述の理屈から「1番目」と1回戦で当たるのはシード128番目の人という事になる。これは運営が「よし、この人が128番目の強さの人だな!」と判断して配置する

んなわけはなく、一定のシードを割り振った後は「ノーシードでランダム」とされることがほとんど。16や32くらいならともかく、100人200人に運営がいちいち判断して番号振り分けなんてのは現実的でない*1

また、このように配置した上でさらに「参加者からのフィードバックによる場所移動」が格ゲー大会においては慣例化している。ほとんどの場合は「同じ地域の遠征者があまりにも早期に当たる」「会場到着時間的に前半の位置は厳しい」「そもそもシード付け(上位候補)の順位がおかしい」あたり。
これは「公平さ」という点では議論の余地があるところだが*2、ここは「参加者の満足」をより優先して運営が手間をかけて努力している部分であり、格ゲーのオープン大会文化が持つ良いところと言えるのではないかなと自分は思っている*3
なおこのフィードバックの工程は運営側にもけっこうな負担なようで、当日・直前エントリーの有無なども含めて「どこまでやるか」が定期的に議論されている。過去には「移動を申請した人の大部分はかなり早く敗退するデータがあるので配慮不要では?」という意見が出ることもあった。


「CPT」
ときおり「その年の直近の大会の成績"のみ"に従ってシードが決まる」(あるいはその年で好成績を取れば即・次大会からシード上位が約束される)という主張があるが、結論から言うとこれは
「Evo(とEvo以降)、および一部の序盤R大会」に限られる
*Evoはほぼ間違いなくその年の成績が参照される。人数が膨大なので機械的に処理できないと無理なのもあるだろう。

今年Punkが「(2019初回)プレミア優勝したのにこの位置なの?」的なことを言っていたが前年成績を参照すると20番目付近の位置になるのでしょうがないところはある。
おフランスでは"前年成績+直近成績による運営補正の合計"という組み方をしてそれなりな位置に置かれた(ただし明らかにミスってた部分もあった。後述)。あとフランスのプレミアは欧州開幕戦みたいなものだったので地元欧州勢は過去実績しか参照するものがない。


北米プレミアに関してだと、FinalRoundは「参照する直近成績」がないので過去実績で組まれる(前年とは限らない)、というのは当然として、2018まではNCR、ComboBreaker、そしてEvo直前のCEOですらも「過去(前年だけでない)実績を考慮した運営独自のシード」を組んでいた(調査結果は長くなるので書かないがウェイバックマシンとSmashggで誰でも確認できる)
FR2019,NCR2019に関しては運営独自だったこれまでとは異なり「前年のみ」になっていた。CB,CEOがこれを踏襲するかはまだ不明。なおNCRはFRと同様に前年のみで組んだのだが移動で明らかにミスっていたので色々変なことになった(後述)


そもそもEvo前の時期は「リージョン内では数回しか大会をやっていない」「まだ大会に参加していない強豪、地元強豪が一定数いる」という状況なわけで、それらの場合参照するものは「過去実績」以外ない。

ただ例外としてアジアランキングは最序盤でも"既に大会に出て結果が出ている人"が異常に多くなるので直近参照になることが多い傾向はある。そうなったとしてもシードとかどうでもいいほどヤバい当たり方になるのがアジアランキングなのだが…(今週のサイゴンはまんまそんな感じ。直近成績のみで組まれているがあまりシードの意味がないほどの密度だし、下位シードノーシードでもワールドクラスがたくさんいる)


「今年ちょっとおかしかった問題について」
一応前提として独自のシード付けおよびsmashggやchallongeの入力は結局のところ運営の人の手で行われるわけで、そこでエラーは発生することはある。これはしょうがない。
そのうえで、今年明らかにミスっぽいがフィードバックで突っ込まれなかったのかなのかちょっと歪になってしまった例があるので解説。

「NCR2019のProblemXのズレ」
上側シード16名、下側シード16名は前年GP上位32名になっている

NCR2019(カッコ内は出場者中前年成績順位)(ブロックごとのシード順)
(1)とき(18)マゴ
(2)ふじ(19)Punk
(4)ふー(22)Verlo  ←3番目のブロック
(5)Sako(24)ゲマビ

(6)Jwong(25)ジョン竹
(7)NL(20)板ザン
(8)石油(21)ももち
(9)Du(26)どぐら

(10)ウメ(27)Momi
(11)ハイタニ(28)Smug
(12)シャオハイ(23)ネモ
(13)Phenom(29)CoolKid

(14)ガチ(30)Samurai
(15)Xian(31)もけ
(3)ProX(16)CJ  ←15番目のブロック
(17)ボン(32)まちゃ

…のだが、本来なら3番目のProblemXが何らかの都合で「15番」の位置に移動している。
なお17~32はあまり順番通りになっておらず、かつ折り返しナシの傾向がある。運営判断なのかもしくはXのズレで変になっちゃったか。

時間都合などで最後の組に移動、ということ自体は普通にあることなのだが、どうやら組み合わせを考えずにProblemXひとりだけを単に移動させてしまったので以降の人が全部ズレることになったと思われる。そして本来「15番」と当たるのは「2番」なので、プールを抜けると「2番vs実質3番」ということになってしまった…という。
ProblemXは普通なら3番だったので、本来プール後にあたる「3対14」のところ、つまり14番の組とそっくりそのまま入れ替えれば適正になっていたと思われる。
なおPunkは前年成績だと出場者中19番、下側シードの位置なので特別おかしいわけではない。


「MixUp(フランス)の独自シード」
フランスではNCRのPunkの意見を取り入れたのか何なのか、「直近の成績をプレミア換算して追加」という方式を取った。これによりPunkだけでなくももちも上位に。

MixUp(かっこ内は前年順位、*の2人はプレミア優勝ぶん加算でジャンプアップ)

(1)ときど vs (6)NL
(*)ももち vs (8)ウメハラ

(4)ふーど vs (11)Phenom
(5)Sako  vs (12)Xian

(2)藤村  vs (14)板ザン 
(7)石油王 vs (9)Luffy

(3)ProX  vs (13)マゴ
(*)Punk  vs (10)ハイタニ

ここでちょっとおかしいのがNLで、Punk,ももちが上位8名入り、さらにEvoJPで石油王の方が上だったのでNLと入れ替わり、前年総合7位のNLが「1-8」の第一シードから転落したのは理解できる。
なのだが、「1番」のときどと当たる位置は「16番」なわけで、この並びで「9-16」グループのこの並びの中でNLが16番の位置なのは明らかにおかしい。2番3番は「9-16」の中の下位と当たっているので折り返しナシでもない。順位参照ミスなのか、移動してたら勝手にこうなったのかわからないが謎。
おフランス運営は頑張って「GP持ち」にすべてシード番号を割り振るように組んだのだが(偉い)、Evo9位200P (今年ルールでも100P)を持っているはずのりゅうせいがノーシードになっていた。過去にもこの「Evo9位参照抜け」はあったような気がするので、データベース的に何かおかしいところがあるのかもしれない。

 

おわりに

CPTランキングを参照しながら書いたが、このような参照できるランキングがない種目ももちろんあるし、あったとしても「参照の仕方」で何通りでもシードは決められる。結局のところ運営判断が大部分なうえに人の手にミスはあるので、運営頑張ってくださいといったとろ。

*1:例外としてEvoJPでそれに近いことがあったりなかったりしたらしいが…

*2:一応過去に北米において「意図的に同チームの参加者の位置を離した」と判断・裁定されてメーカー側からペナルティを食った大会もある

*3:プレイヤーの中にはこれ自体を不正なこと、利益を得るためにやることのように表現する人が一定数いるが正直嫌な気分になる

2019/04/28週の大会とかの話 +今週のあれこれ

https://www.twitch.tv/videos/418007152

https://www.youtube.com/watch?v=P8ZBaOLDywY

 

memo

シンガポール「VersusMasters2019」

ボンちゃん優勝、Xian準優勝
https://kakuge-checker.com/topic/view/06427/

中国勢強かった(YangMian,QiuQiu)
若手はTop16まではかなり残った

SC6はShenChan,Tetra,ShenYuanの順(Tetraも古来からのガチ勢らしい)。アジアリーグがこれで開幕

地元勢だとSEO強かった(GO1さんと2種WFGF)

・北米_GoodWillチャリティ
https://kakuge-checker.com/topic/view/06422/

本戦
Punkノーかりんで優勝。ガチくん2位、gunfight9位
Phenomかりんのみ、Jesseコーリン多め
当日予選
ElitheCurryララ活躍
Julio復活?
Penguinice,MarioDB両方いる???(同一と思われていたオンラインで強いガイル)


・北米_NWM11(NorthWestMajors11)
https://www.eventhubs.com/news/2019/apr/27/northwest-majors-11-live-stream-ft-problem-x-nuckledu-jimmy-j-tran-justin-wong-smug-801-strider-anakin-chrisg-doomsnake-shadow20z-and-more/

https://smash.gg/tournament/northwest-majors-11-april-27th-28th-2019/details

1. SB|801 Strider (G)
2. FOX|NuckleDu (R. Mika, Cammy, G, Guile)
3. UYU|Kami (Akuma)
4. Tempo|Alex Myers (Cammy)
5. SR|Rebooooo (Ken)
5. Justin Wong (Karin, Menat)
7. ChrisCCH (Sakura)
7. Rise|Smug (G, Balrog)

9. SB|DoomSnake (Vega)
9. EG|NYChrisG (Ibuki)
9. STR8|DrDannyPham (Zangief)
9. TGS|ElChakotay (R. Mika)
13. TGS|Jibrill (Birdie)
13. CYG|PR Balrog (Akuma, Balrog)
13. EG|Ricki Ortiz (Chun-Li)
13. SB|DR Mandrake (Urien)

801striderがGで優勝。CPTオンに続き2連勝
トーナメントの妙で地元のReboooooケンがW4抜け(ジャスティンかりんに勝ち)
地元ChrisCCHさくらが7位、連続入賞

鉄拳(チャレンジャー)はAnakin優勝、jimmyjtran準優勝
ツアー的にはチャレンジャーの回数少ないのが割と気になる

クリスG、モーコンDBFZ2冠。DBはクリリン黒ベジヤムチャ(どちらも規模はローカル大会級)

MK11つぎはSummit、その次がComboBreaker

NaptownCluch
https://smash.gg/tournament/naptown-clutch-2019/details
sfvはSabin優勝。など。200名以上参加の定期の中西部大会。


・今週あれこれ
海外は欧州のHeadStomperくらい(CPT,TWT,アーク認定)
https://smash.gg/tournament/headstomper-2019

日本
・KSB2019(kvo)
https://smash.gg/tournament/kvoxtsb-2019

https://shirauzutaisa.hatenablog.com/entry/2019/04/29/192600

海外勢情報は白水さん記事にて
UNI勢多め。
https://twitter.com/ClearLamp_o/status/1122314876372672512

2017CEOtaku優勝者もいるらしい。あとSuguri=Tariは昨年のAnimevo5位
DBFZは名前聞いたことある人が32名以上(16分割したブロックでも有名な人が2、3人いる)
GGXrdは最大人数だし海外勢も大量なのでやばい


4/30 中野RBS鉄拳dojo
5/01,02 ウメブラ(1000人,PGR:S)
5/02~05 KSB(kvo)
5/03~05 鉄拳Ash関連
5/03 フランスHFS(3rd,X日本勢招待)
5/04 静岡sfv戦頂
5/06 京都スサノオイベント

 

 

4月28日週の海外イベントメモ

・VersusMasters

シンガポール大会。2day。CPTランキング。

スケジュール
https://pbs.twimg.com/media/D4-FUAVUcAAoTV5.jpg
Bracketは未定。いつもの運営だとここだが?

Bracketでました。
https://challonge.com/ja/communities/versusasia/tournaments.html
注目面子的には3月のマレーシアとほぼ同じと思われる。

 

 

・goodwill-of-orange-county-s-charity-invitational

西海岸カリフォルニアでやる単発チャリティイベント。2day。日本からは招待でガチくん、投票招待でGunfight。
https://smash.gg/tournament/goodwill-of-orange-county-s-charity-invitational-esports-fundraiser

 

スケジュール
https://pbs.twimg.com/media/D48ZFSLUwAIJsIl.png

招待:Punk,Phenom,ガチくん,MenaRD,BigBird
投票招待:C.Jesse,GunFight,Somniac(オーストラリア),LPN,Linkexelo(フランス),MetalQueerSolid(UK,ファン使いで欧州リーグ経験あり)
当日予選もあるっぽい。それで12名か。
スマブラでの同様の招待もあり、SF勢vsSmash勢でのランダムゲーム大会やジェンガなどもある模様。

 

・NWM(NorthWestMajors)

北米・北西部の定番大会。2day。CPTランキング、鉄拳チャレンジャー。
スケジュール
土曜に全ゲーム進行
SFV、鉄拳、MK11は最終日決勝(SFV、鉄拳はTop16から)


sfvメモ+他種目雑感

https://smash.gg/tournament/northwest-majors-11-april-27th-28th-2019/details


2次予選

B1 ProblemX
A2 SnakeEyes
C2 Smug
B2 801Strider

A1 Jwong
D2 AlexMyers
D1 NuckleDu
C1 jyobin CeroBlast

(A1)
Jwong
ーーー
SlavicGold ユリアン FR33th、カナダ勢だが色んなとこいる
DRmandrake ユリアン ドミニカ1軍(活動は北米)
DUNC ファン 大会参加は少ないがファン強豪

(A2)
SnakeEyes
Gabe メナト 昨年この大会13th
ーーー
ElChakoTay ミカ ウォーロード。
Nacer かりんなど NorCal上位

(B1)
ProblemX
ーーー
KAMI 豪鬼など
DrDannyPham ザンギ 地元の強豪ザンギ。上位と接戦が多い。

(B2)
801Strider
ADterminal ユリアン UK勢欧州リーグ参加
ーーー
ChrisCCH さくら(G,ガイル) 地元強豪・10代。最近はさくらメインで固まりつつある。先日の西側オンCPT4位。
Mortsy ファン お隣カナダ西コミュでランキング1位

(C1)
jyobin(空エントリらしい)
saddave666 ユリアン この前イベントの地域予選勝ってた
ーーー
CeroBlast
KyleP ララ? アルカプ有名人。sfvでもこの地域上位になれるレベルある。

(C2)
Smug
AmigoOne キャミイ オン大会によくいて上位まであと一歩くらい
Velociraptor ネカリ 4有名人のライター。地域強豪レベルの実力あり。
ーーー
PRBalrog
FineLikeWine ガイル 地元上位ガイル
Mira いぶき?(ララなども) 元Tatsuko。現在はSoCal勢だが過去シカゴ周辺で地域上位。

(D1)
NuckleDu
ーーー
Jibrill バーディ(元バルログ) 地元がここでアルカプ強豪の若者。バルログで地元上位だったが先日はバーディになってた
YaNoob メナト 昨年メナトで地域上位レベルの実績あり、FinalRoundで49th

(D2)
AlexMyers
ーーー
RickiOrtiz
Bruce バイソン お隣カナダ西コミュランキング上位


鉄拳(チャレンジャー認定,160名参加)
Jimmyjtran、Anakin、Shadow20zなど北米内遠征者多数。北米外からは無しか?

SC6
フランス遠征したLinkorz,PrtyWolf,Heatonがそのまま遠征。

MK11を含む他種目
遠征はほぼ発生せず地元大会級

2019/04/21週のできごと(アーカイブ・リンク)

アーカイブ

https://www.twitch.tv/videos/414829141

https://www.youtube.com/watch?v=pWAH8GQ8STE

 

メモ
2019/04/21週の話

「TheMixUp」フランス

https://smash.gg/tournament/the-mixup-2019/events
・面白かったですね
結果
sfv:1位Punk 2位ウメハラ
鉄拳:1位SuperAkouma 2位CBM
SC6:1位Skyll 2位Noobicyde
など

・sfvに関しては見やすかった(sfv-sc6-鉄拳の順番だったため
・sfvはPunkでした。Punkはプレミア3回連続GF進出でリセット成功
ウメハラ、ABすごかった
・Killzyouかりんが下剋上。17くらいで若いらしい。Akainu支援。板ザン、もけを倒す
・りゅうせいはVerloren,板ザンのシードに負け負け。本来シードでもよいのだがノーシードランダム枠で謎。
・NLもちょっとおかしい(16番の位置だがそこにはならない)
・それはそれとしてNL気合入っててよかった
・トラボTop8(TGS以来2度目のプレミアtop8)
・どぐらTop8W側
などなど
・鉄拳大波乱(Top48からすごい)
Akoumaはフランスで最も成績良いプレイヤーではあった(欧州1位のティッシュもんはイタリア)
韓国勢はだいぶやられた
2位のCBMはEvoJP3位、なおAshを負かしたのはBoALuvb
日本勢最高はのろま

・SC6
優勝Skyll
北米は3位Linkorz、上位にいけてた
PG所属のShenChanは17位にとどまる

・セイヴァーとかサイドもいろいろ(ハイタニコメンタリーとか)。GGはまちゃぼー優勝

CPTオン_北米_西
https://smash.gg/tournament/capcom-pro-tour-online-2019-na-west/events
801優勝。圧倒的。ほか西側強豪いろいろいた

スマブラ(Pound2019)とカニ
https://smash.gg/tournament/pound-2019/events
大会名はPound2019。1600人参加。SPはAllyスネーク優勝
蟹はこれ
https://twitter.com/coneyzz/status/1120116882160476166

セキュリティやリスク的にまずいというのは前提としてコラが量産される。どうやら蟹である必然性はあまりなく、HBにMangoが負けた…ということへのネガティブ反応ということだけっぽい…?(真意はよくわからない。なお運営はちゃんと厳重な注意と遺憾の意を表明した)

superTSB
https://smash.gg/tournament/super-tsb-2019/events
GG,BB,TAG,DBFZ,セイヴァー。東部上位がほとんど参加。

DB公式オン(テスト
250名参加の公式オン大会システムのテスト。ゲーム内システムで全部やってて新しかった。優勝はむすい
https://dbfz.bn-ent.net/information/?p=296
https://www.twitch.tv/videos/413752146

追記:アークWTに韓国大会追加?
https://twitter.com/Daru_ino/status/1119983635791114241
https://twitter.com/LLon_Kim/status/1119963309577367553

日程的にはCPT韓国大会(恒例の韓国で中心的なコミュニティSpiritZeroの大会)と一緒だが併催なのだろうか?(追記:併催でした。土曜アーク日曜CPTとのこと)

追記:北米GWCイベント

スマブラ、sfvのチャリティイベント。GunFight,ガチくんが招待参加。ほかいろいろ

https://smash.gg/tournament/goodwill-of-orange-county-s-charity-invitational-esports-fundraiser/events